.
ヘッダー画像 サイトマップ
.

ノンスリップマスターとは
美観を損ねずにタイル・石材などの”すべり止め”施工に、画期的な新技術

御影石・大理石のなどの自然石や、セラミックタイル・コンクリート・モルタル・ホーローバス等の滑りやすい床に化学的処理を施し、床の美観を損ねることなく短時間で滑りにくくする工法です。
(施工時間に関しては面積によって異なります。)

石の特性を活かした工法で、石の組成で柔らかい部分に目に見えないほどの微小な凹みを特殊な液剤を使い作ります。
凹みに入り込んだ水が設置面(靴等)に密着することにより生じる吸盤力が滑りを防ぎます。

滑りを止める秘密 床材の表面に肉眼では見えない1000分の1ミリ単位(2〜7マイクロメートル/髪の毛より細い)の凹みをランダムに形成します。
この凹みに入った水の表面張力の働きにより、靴底と床面の接地面積を大きくし、また吸盤効果を高め、水の移動を抑える作用を引き出し、滑り抵抗を高くします。

・対象床材
大理石、御影石などの自然石、タイル、コンクリートなど
・対象場所
フロアー、エントランス、厨房、浴室、お手洗い、プールサイドなど、常に濡れている場所や、雨の日に濡れて危険な場所

「バリアフリー」対策
「ユニバーサルデザイン」の実現としてもぜひご検討下さい。

コートプロとは
専用骨材入り特殊透明アクリルシリコン樹脂でコーティング

透明凹凸コーティング施工「コートプロ」は、特殊透明樹脂により素材の風合いを損ねず、専用骨材で滑りをしっかり止める工法です。
耐久性に優れ、滑り止め効果を長期間維持します。

固くて、透明色の骨材を溶かし込んだ特殊樹脂を、表面にコーティングし、その骨材の「引っかかり」で、滑りをしっかり止める新技術です。
急斜面の坂道、急勾配のエントランスなど、従来の滑り止め工法では、見た目の不安が残りましたが、透明凹凸コーティングの滑り止め工法「コートプロ」であれば、安心感は数段に上がります。
建物内のPタイル、FRPなどでできたユニットバス(縁・底面)やプール(縁・底面・周り)などは従来の滑り止め工法では、施工ができませんでしたが、透明凹凸コーティングの滑り止め工法「コートプロ」で、可能になりました。


滑りを止める秘密
特殊透明アクリルシリコン樹脂 + 透明硬質骨材
特殊アクリルシリコン樹脂に、スリップ防止に有効な専用骨材を混合、床面に凹凸を形成するため、滑り止め効果を発生し、「滑り抵抗値」が高まります。
そのため、水に濡れている場合はもちろんのこと、スロープや階段で足を取られて滑りやすい場所など、乾燥時においても安定した滑り止め効果を発揮します。

・対象床材
磁器タイル、大理石、御影石、塗り床、コンクリート、擬石、ステンレス、鉄板、Pタイル、ガラス など

● 特殊透明アクリルシリコン樹脂皮膜は耐久性・耐候性・接着性に優れ、ノンスリップテープと比べても剥がれにくく、硬質系の床材ならあらゆる素材に施工可能です。
● 専用透明硬質骨材は粒子が細かく、硅砂に比べ硬度が高いため長期間の使用に耐えられます。
● 特殊透明アクリルシリコン樹脂・専用骨材共に透明なため、下地の色彩、風合いを損ねません。

.